The Photographer

The Photographer 日本が誇る写真家たちが、写真について語る。
長倉洋海プロフィール
写真集
1981 『ゲリラ・七つの戦線』未來社

1989 『若き獅子マスード―アフガン1983~1988』河出書房新社

1990 『サルバドル―救世主の国』JICC出版局

  『Dear Friend―紛争地の子どもたち』JICC出版局

1992 『マスード 愛しの大地アフガン』JICC出版局(2001年河出書房新社より新装版)

1994 『おおきな一日』(共著・文/坂文子)佑学社

  『南アフリカ』平凡社

1996 『地を這うように―長倉洋海全写真1980‐95』新潮社

  『人間が好き―アマゾン先住民からの伝言』福音館書店

1998 『ともだち Dear Friend』偕成社

  『もりのこどもたち』(共著・文/坂文子)ひさかたチャイルド

2000 『コソボの少年』偕成社

  『獅子の大地 』平凡社

2002 『ワタネ・マン―わたしの国アフガニスタン 』偕成社

  『獅子よ瞑れーアフガン 1980-2002』発売元:河出書房新社

2004 『涙―誰かに会いたくて』PHPエディターズグループ

  『ザビット一家、家を建てる』偕成社

  『きみが微笑む時』福音館書店

著書
1983 『 内戦 ーエルサルバドルの民衆』 晩声社

1984 『峡谷の獅子 司令官マス‐ドとアフガンの戦士たち 』朝日新聞社

1986 『フィリピン我が祖国 』れんが書房新社

1987 『カメラを武器に激動の世界を駆ける』講談社文庫

1992 『フォト・ジャ‐ナリストの眼』(岩波新書 ) 岩波書店

1998 『鳥のように、川のように森の哲人アユトンとの旅 』徳間書店

2002 『子どもたちのアフガニスタン』岩波ブックレット

  『アフガニスタン 敗れざる魂ーマス‐ドが命を賭けた国』新潮社

  『ヘス‐スとフランシスコ エル・サルバドル内戦を生きぬいて』福音館書店

2003 『幸福論』( 関野吉晴と共著)東海教育研究所

主な写真展
1981 「反乱者たちの肖像」銀座ニコンサロン(東京)

1985 「エルサルバドル内戦と人々2」新宿ニコンサロン(東京)

1988 「戦場から人間へ」大阪人権資料博物館(大阪)

1992 「革命家マスード 愛しの大地アフガン」新宿コニカプラザ(東京)

1996 「いま、人間へ」釧路生涯学習センター(釧路)

1998 「ビバ、チルドレン」新宿コニカプラザ(東京)

2000 「アフガンの大地を生きる」富士フォトサロン(東京)

2003 「Smile 微笑み」ギャラリーTOM(東京)

2004ー2005 「地球ーぼくらの大地」ちひろ美術館・東京(東京)安曇野ちひろ美術館(長野県)

2005 「長倉洋海の見たシルクロード」紀伊国屋書店(札幌)

主なテレビ報告
1992 「革命家マスードの闘いー写真家長倉洋海のアフガン報告」NHK

1995 「森の声を訊けーアマゾン報告」NHK

1997 「わが心の旅ー内戦の子供たちはいまーエル・サルバドル」NHK

2000 「長倉洋海のトルコ横断紀行」NHK・BS

2001 「長倉洋海の南米体感紀行」NHK・BS

2002 「マスード 敗れざる魂ー長倉洋海の見たアフガニスタン 」NHK

2004 「課外授業・ようこそ先輩」NHK

受賞
1983 日本写真協会新人賞

1990 日本ジャーナリスト会議 奨励賞

1998 土門拳賞

1994 東川写真フェスティバル特別賞

1997 産経児童出版文化賞

2000 日本写真協会年度賞

2003 さがみはら写真賞

2005 講談社出版文化賞・写真賞


戻る
このコーナー内に掲載される写真・画像等に関する著作権その他の権利は原著作権者またはその他の権利者が有しています。
ホームページ上の特定の画像等を切り取り、ダウンロードし使用する行為は、当該画像等につき著作権その他の権利を有する原著作権者その他の権利者の権利を侵害することとなります。
原著作権者その他の権利者の事前の承諾を得なければ、当該行為を行ってはいけません。
ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm