The Photographer

The Photographer 日本が誇る写真家たちが、写真について語る。
宮本隆司プロフィール
1947 東京都世田谷区に生まれる

1973 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業

  建築雑誌「都市住宅」の編集部員を臨時雇用でつとめる

1975 「住宅建築」編集部員になるが、半年ほどで辞めニューヨークへ旅行

1976 バンクーバーの友人宅に滞在して撮影

1977 初個展「晩香坡・カナダの町から」

1980 インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイ、香港、台湾の都市と植民地時代の建築を撮影

1982
-84
東京下町の劇場、解体中の中野刑務所、日比谷映画劇場の解体現場などを撮影

1985 つくば科学万博の解体現場、ベルリン大劇場の解体現場を撮影

1986 個展「建築の黙示録」

  中国沿岸部の諸都市と香港、北京を撮影

1987 香港に数回滞在し、九龍城砦を撮影(以後、92 年、93年、97年撮影)

1988 作品集『九龍城砦』『建築の黙示録』を発表

1989 第14回木村伊兵衛写真賞を受賞

1991 アンコールワットを撮影

  「東方の市」連載開始(「文藝」にて92年末まで)

1994 ダンボールの家を多数撮影する

1995 阪神淡路大震災直後の神戸を撮影

1996 第6回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展に参加し共同展示。金獅子賞を受賞

1999 「ピンホールの家」の撮影を開始

  ベルリンにて個展開催

2000 「美術館島」再生プロジェクトに招聘され撮影

2004 初の回顧展「宮本隆司写真展‐壊れゆくもの・生まれいずるもの‐」を開催

2005 第55回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞

主な作品展
【 個展 】

1977 「晩香坡・カナダの町から」シミズ画廊(東京)

1986 「建築の黙示録」ヒルサイドギャラリー(東京)

1988 「九龍城砦」INAXギャラリー2(東京)

1989 「建築の黙示録」ミノルタフォトスペース新宿(東京)

1990 「Ryuji Miyamoto: Architectual Apocalypse」Min Lowinsky Gallery(ニューヨーク)

1991 「Ryuji Miyamoto's Photographs: Ruins」Silk Gallery(ソウル)

1992 「アンコール」プティミュゼ(東京)

  「東方の市」ギャラリ・ヴェリタ(東京)

1994 「ダンボールの家」ヨコハマポートサイドギャラリー(横浜)

1997 「On Hong Kong: Ryuji Miyamoto」The Photographers' Gallery(ロンドン)

1998 「オクタゴン」ツァイト・フォト・サロン(東京)

  「KOBE 1995 After the Earthquake」Form Zero(サンタモニカ)

  「Ryuji Miyamoto: Apocalypse dell' Architettura」Instituto Giapponese di Cultura(ローマ)

  「Cardboard Houses」Gilles Peyroulet & Cie(パリ)

  「Ryuji Miyamoto/Toshio Shibata」Centre national de la photographie(パリ)

1999 「KOBE 1995 After the Earthquake+」Museum für moderne Kunst(フランクフルト)

  「Urban Apocalypse」Künstlerhaus Bethanien(ベルリン)

2000 「ピンホールの家」秋山画廊(東京)

  「Ryuji Miyamoto: Urban Apocalypse」Domu umëni mëstra (ブルノ)

2001 「Up-Side-down In-Side-out」秋山画廊(東京)

  「New York-Vancouver 1975」プレイスM(東京)

  「宮本隆司展」Taro Nasu Gallery(東京)

2002 「After 1995-2002: KOBE&SATYAM」(川崎市市民ミュージアム)

  「宮本隆司写真展 ピンホールは写真原理主義か!?」Photographers' Gallery(東京)

2003 「CARDBOARD HOUSES」Photographers' Gallery(東京)

2004 「Museum Island」Taro Nasu Gallery(東京)

  「Ryuji Miyamoto」Kikken Berlin II(ベルリン)

  「宮本隆司写真展‐壊れゆくもの・生まれいずるもの‐」世田谷美術館(東京)

【 グループ展 】 

1985 「第4回 15人の現代写真の表現」多摩美術大学新館ギャラリー1F(東京)

1986 「第8回 15人の現代写真の表現」多摩美術大学新館ギャラリー1F(東京)

1987 「現代のイコン:かみとひととものとときのなかに」埼玉県立近代美術館(さいたま市)

1989 「写真新世紀展 8人のニューエイジ・フォトグラファー」 アールヴィヴァン(東京)

  「Photoographie Japonaise/Japonaise Fotografie Europalia 89 Japan in Belguim」 Provincial Museum for Photography(アントワープ)

1990 「Fotofesta: The International Month of Photography」 George R.Brouwn Convention Center (ヒューストン)

  「東京〜TOKYO」 有楽町アートフォーラム(東京)

1991 「Beyond Japan: A Photo Theatre」 Barbican Art Gallery(ロンドン)

  「SITE WORK: TheArchitecture in Photography since Early Modernism」The Photographers' Gallery(ロンドン)

1992 「都市と現代美術:廃墟としてのわが家」世田谷美術館(東京)

1993 「About Big Cities」Neue Gesellschaft für Bildende Kunst(ベルリン)

  「宮本隆司・柴田敏雄 写真展 パシフィコ横浜」(NICAF・横浜)

1994 「Liquid Crystal Futures: Contemporary Japanese Photography(液晶未来)」The Fruitmarket Gallery(エジンバラ)

  「カワサキ・モニュメント」川崎市市民ミュージアム(川崎)

  「Fotofesta: The International Month of Photography」George R.Brouwn Convention Center(ヒューストン)

1995 「写真都市 TOKYO」東京都写真美術館(東京)

  「撮りおろしの写真展 GINZABOUT」ザ・ギンザ・アートスペース(東京)

  「記録・創造する眼 戦後50年 日本現代写真史展」日本橋三越本店(東京)、ナビオ美術館(大阪)

  「時を刻んだ顔 戦後50年 日本現代写真史展」銀座ニコンサロン(東京)、大阪ニコンサロン(大阪)

  「液晶未来 現代日本写真展(Liquid Crystal Futures: Contemporary Japanese Photography)」スパイラルガーデン(東京)

1996 「Venice Biennale 1996 6th Intrenational Architecture Exhibition Japanese Pavilion」(ベニス)

  「日本の写真 内なるかたち・外なるかたち 第3部 現代の景色 1980〜95」東京都写真美術館 (東京)

  「第32回今日の作家展 ニュージャパニーズ・フォトグラフィ1990's」横浜市民ギャラリー(横浜)

1997 「CITIES ON THE MOVE Urban Chaos and Global Change」East Asian Art, Archietecture and Film Now Secession(ウィーン)他6都市巡回(99年まで)

1998 「Art in the Ruins AIR 空気展」ギャラリー山口(東京)

  「Donai yanen!/Et maintenant! La Création Contemporaine au Japon」École nationale supérieure des beaux-arts(パリ)

  「Festival NOW '98: Invisible Cities Kowloon Walled City:The Lost City」 Hong Kong Arts Center(ホンコン)

  「写真ー可能性のかたち ドイツディージー銀行コレクション」原美術館(東京)

  「AIR 空気展 Art in the Ruins」東京画廊(東京)

  「AIR 空気Annex展」ギャラリー手(東京)

1999 「The 6th FotoFestival Naarden 1999」(ナールデン)

  「ATTACK! Art & Amicitae」(アムステルダム)

  「Art in the Ruins 第3回AIR 空気展」ヨコハマポートサイドギャラリー(横浜)

  「木村伊兵衛写真賞の軌跡 1975-1999」川崎市市民ミュージアム(川崎)

2000 「City of Architecture of the City Berlin 1900-2000」Neues Museum, Museumsinsel, Berlin-Mitte(ベルリン)

  「Masterplan Museumsinsel Berlin Ein europäisches Projekt」Neus Museum(ベルリン)

  「現代写真の系譜」ニコンサロン(東京)

2001 「FACT OF LIFE: Contemprary Japanese Art」Hayward Gallery(ロンドン)

  「In Search of Form」釜山市美術館(釜山)

2002 「Documenta 11_Platform 5: Exhibition 」(カッセル)

  「傾く小屋 美術家たちの証言 since 9.11」 東京都現代美術館(東京)

  「エモーショナル・サイト」食糧ビルディング(東京)

2003 「The History of Japanese Photography」The Museum of Fine Arts(ヒューストン)

2004 「3rd Berlin Biennial for Contemporary Art」Martin-Gropius-Bau(ベルリン)

  「AFTERMATH: Ryuji Miyamoto, Arnold Odermatt」James Kelly Contemporary(サンタフェ)

写真集・書籍
1988 『九龍城砦 KAU LUNG SHING CHAI』ペヨトル工房

  『建築の黙示録 ARCHITECTUAL APOCALYPSE』平凡社

1994 『アンコール 宮本隆司写真集 Angkor』トレヴィル

1995 『KOBE 1995 After the Earthquake』建築・都市ワークショップ

1997 『九龍城砦Kowloon Walled City』平凡社

1999 『RYUJI MIYAMOTO』Steidl Publishers

2003 『CARDBOARD HOUSES』ベアリン

  『新・建築の黙示録 Architectual Apocalyps』平凡社

2004 『壊れゆくもの・生まれいずるもの 世田谷美術館「宮本隆司写真展」のすべて 』(DVD作品・ライトスタッフ・ワークス/監修:宮本隆司) 


戻る
このコーナー内に掲載される写真・画像等に関する著作権その他の権利は原著作権者またはその他の権利者が有しています。
ホームページ上の特定の画像等を切り取り、ダウンロードし使用する行為は、当該画像等につき著作権その他の権利を有する原著作権者その他の権利者の権利を侵害することとなります。
原著作権者その他の権利者の事前の承諾を得なければ、当該行為を行ってはいけません。
ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm