The Photographer

The Photographer 日本が誇る写真家たちが、写真について語る。
林 忠彦プロフィール
1918 山口県徳山町(現徳山市幸町)に生まれる。
1930 徳山尋常高等小学校を卒業。徳山商業高校に入学。
1935 徳山商業学校卒業後、すぐに大阪・長堀橋の中山正一写真館へ修行に出される。
1936 過労から肺結核になり、徳山に帰って入院生活を送る。
  下松の磯部潤一郎が主宰するアマチュアクラブ「猫之目会」に入会。
1937 林城民の写真ネームで頭角を現し、つねにクラブの例会入選上位を占めた。
1938 朝日新聞社徳山通信局主催の「躍進大徳山風景写真競技会」で最高賞の推薦を受賞、ほかに4点が入選。
1939 3月、上京してオリエンタル写真学校に入学。6月、第21期生として卒業。
  田村栄の紹介で加藤恭平主宰の東京光芸社に入社。
1940 主として内閣情報部編集の宣伝誌「写真週報」につぎつぎと写真掲載。
1941 日本報道写真協会の会員となる。
  「写真週報」のほか、「婦人公論」「アサヒカメラ」にも発表。
  はじめて「アサヒカメラ」9月号の表紙を担当した。
1942 加藤恭平・石津良介らと北京の日本大使館の外郭団体として「華北弘報写真協会」を設立して北京と東京を半年ごとに往復し、宣伝写真を撮る。
  「婦人公論」「新女苑」「写真文化」「週刊週報」「アサヒグラフ」などに発表。
1945 北京で敗戦を迎える。宣伝用スチールをすべて焼却し、要請をうけて国民政府機関へ撮りためたネガ数万点を提出。
1946 4月、郷里徳山へ引き揚げるが、その後上京し、北京時代の知友吉田潤と組み、復刊あいつぐ雑誌社を回って受注し、旺盛な撮影活動を再開。銀座の酒場「ルパン」で織田作之助、太宰治らを撮る。
1947 写真グループ「銀龍社」を赤穂英一・秋山庄太郎・植田正治・緑川洋一らと結成。
  「小説新潮」の巻頭に文士シリーズ(翌年1月号〜1949年12月号)の連載が始まり、坂口安吾・太宰治らの写真で評価される。
  全盛のカストリ雑誌を含めて二十数誌の発注を受けて社会風俗派の寵児となる。
1948 のちの日本写真協会の母体の一つ「写真家集団」の発足に加わる。
1950 5月、「日本写真家協会(JPS)」創立に企画担当として加わる。
1953 二科会に写真部を創設、秋山庄太郎・大竹省二・早田雄二と創立会員となり、以後、終生アマチュア育成に努める。
1954 「小説新潮」主催の課題写真コンクールで<女相撲>などの組写真が最優秀賞。
  二科会の新星織田広喜を精力的に撮りはじめる。
1955 産経新聞社主催のミス・ユニバース・コンテストを撮影した組写真<日本代表誕生>がバヤリース・フォト・コンテスト1等入選となり、日本代表高橋敬緯子と初渡米。フロリダで世界大会取材のあとニューヨークなどを撮り、帰国。
  中央公論社から「婦人公論」写真担当の永年功労で表彰される。
  「別冊週刊朝日」で<カメラ紀行 新・平家物語>を3回連載。
  勅使河原宏監督の16ミリ映画「12人の写真家」(研光社)に出演。
1956 「婦人公論」に<小説のふるさと>連載。
1957 小説新潮」に<カラー日本百景>連載。(5月号〜1960年12月号。44回のうち40回担当)
  「婦人公論」に<女流作家カメラ紀行>連載開始。
  「週刊朝日」に<東京通信>(〜1958年)連載。
  「週刊新潮」に<旅へのいざない><現代の旅><今日の女性>などを連載。
  「カメラ毎日」に<盛り場の人気者>を連載。
1958 「週刊朝日」に<日本のチベット 北上山脈の農民たち>(7月6日号)発表。
1961 日本写真家協会副会長となる。
  「小説新潮」に<日本の美>連載開始(1月号〜1964年12月号、48回)
  「週刊朝日」に<「青べか」のある風景 山本周五郎と浦安かいわい>発表。
1963 「文藝春秋」に<同級生交歓>連載開始(〜1965年)。
1964 「婦人画報」に<日本の旅><語るシリーズ>連載開始(〜1965年)。
1965 「小説新潮」に<世界の日本>連載開始(〜1966年)。
1967 「週刊サンケイ」の表紙写真を担当(1月2日号〜7月10日号)。
1971 日本写真協会年度賞を受賞。7月、日本写真協会理事に就任。
1972 二科展出品<織田広喜>で総理大臣賞受賞。
  「日本カメラ」で<日本の画家>連載開始(1月号〜1977年12月号、72回)。
1973 第1回海外写真ツアーを主催(タイ・シンガポールなど東南アジア)。以後16年間に34回を重ねる。
1974 「週刊ダイヤモンド」に<日本を動かす人々 経営者100人>連載。
1978 「日本カメラ」に<日本の家元>連載開始(〜1982年12月号、56回)。
1979 「日本の画家108人」で毎日芸術賞、および日本写真協会年度賞を受賞。
  「婦人画報」に<茶のこころ>連載開始。
1980 文革でとだえた日中写真文化交流の復活をはかるため日本写真文化訪中団(渡辺義雄団長)に加わって、中国各地を歴訪。
1981 日本写真家協会副会長を辞任し、名誉会員となる。全日本写真連盟理事に就任。
  「アサヒカメラ」11月号に<日本列島横断'81 長州路>発表。
1983 紫綬褒章受賞。
1985 肝臓がんを告知され、1年間に4回の手術に耐えた。
1986 生涯最後の作品を<東海道>と思い定め、残された生命と競うように四男義勝の協力で撮影再開。
  札幌で脳内出血により倒れ、リハビリ中に脳ヘルペスにも冒される。
1988 勲4等旭日小綬章受賞。日本写真協会功労賞受賞。徳山文化協会から特別文化功労者として表彰される。
1989 徳山市市民文化栄誉賞受賞。
  「日本カメラ」に<東海道>連載開始(〜1990年7月号)。
  「中国新聞」にエッセイ「私の道」連載(30回)。
  「女性自身」12月19日号「死んでたまるか!執念のシャッター」など、ライフワークに挑む執念の<東海道>撮影を各誌が特集。
1990 個展「林忠彦の時代」のオープニング会場で倒れ、再入院。
  12月18日午前零時27分、死去。享年72歳。
1992 徳山市と同市文化振興財団がアマチュア写真振興で「林忠彦賞」を創設。

主な写真集
1957 中央公論社「小説のふるさと」
1964 淡交新社「カラー日本百景」
1971 主婦と生活社「日本の作家」
1975 ダイヤモンド社「日本の経営者」(共著)
1978 美術出版社「日本の画家108人」
1980 朝日ソノラマ「カストリ時代」
  集英社「日本の心 現代日本写真全集 第8巻 長崎 海と十字架」
1981 講談社「若き修羅たちの里 長州路」
1982 朝日新聞社「昭和写真・全仕事3 林忠彦」
1985 朝日新聞社「文士の時代」
  婦人画報社「茶室」
1987 朝日文庫「カストリ時代」
1988 朝日文庫「文士の時代」
1989 光村原色版印刷所「異郷好日」
1990 朝日新聞社「文士の肖像110人」(木村伊兵衛・土門拳・濱谷浩・秋山庄太郎と共著)
  集英社「東海道」
  林忠彦50年写真総集展実行委員会『写真図録「半世紀の断面」』
1992 平凡社「林忠彦写真全集」

主な写真展
1955 個展「渡米写真展」(東京・銀座松坂屋)
1957 個展「小説のふるさと」(東京・小西六フォトギャラリー)
  「六人展」(秋山庄太郎・岩宮武二・植田正治・堀内初太郎・緑川洋一)
1970 「林忠彦とそのグループ展」(東京・富士フォトサロン)
1971 「光と影」(銀座・ナガセフォトサロン)
  個展「日本の作家展」(東京・渋谷東急)
1986 個展「文士の時代」(東京・富士フォトサロン)
  個展「茶室」(東京・京セラコンタックスサロン銀座)
1988 個展「林忠彦50年写真総集展」(東京3会場、徳山、大阪、横浜)
1990 個展「林忠彦の時代」(東京・新宿コニカプラザ)
1991 林忠彦追悼展「東海道を撮る」を兼ねて「偲ぶ会」(東京・銀座和光ホール)
戻る
取材・構成:あべりえ
このコーナー内に掲載される写真・画像等に関する著作権その他の権利は原著作権者またはその他の権利者が有しています。
ホームページ上の特定の画像等を切り取り、ダウンロードし使用する行為は、当該画像等につき著作権その他の権利を有する原著作権者その他の権利者の権利を侵害することとなります。
原著作権者その他の権利者の事前の承諾を得なければ、当該行為を行ってはいけません。
ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm