写真撮影テクニック

  • 初心者向け基礎講座
  • シーン別撮影
  • 被写体別撮影
  • テクニック別撮影
河川や湖の自然を美しく撮ろう

河川や湖の自然を美しく撮ろう

河川や湖を自然の光を生かして撮ってみよう

自然光が豊かなアウトドアでの撮影なら、意識的に“露出”をいろいろ変えて撮ってみましょう。右の写真は、滝の左側の岩に適正露出を合わせたもの。左は、滝の上の楓の葉に適正露出を合わせたものです。このように「露出をどこに合わせるか」によって、同じ被写体・状況下でもガラリと違った“作風”に仕上がるのです。自分が撮りたいイメージに合った露出が、自分の適正露出です。

サンプル写真
サンプル写真

水面にキラキラ反射する光を美しく撮るには?

水の上でキラキラと反射する光を上手に収めるには、シャッタースピードを速くするのがベスト。速くすることによって「光の動きの一瞬」をとらえることができるのです。また、水面などコントラストのない被写体は「オートフォーカス」が不得手とするところ。いつまでもピントが合わない場合は、「マニュアルフォーカス」にして、近くの岩などにピントを合わせればOK。

サンプル写真

スローシャッター

サンプル写真

ハイスピードシャッター

風景と一体化した水の表情を写し撮る

「川を撮る」というテーマで出かけた場合どうしても、川に接近したカメラポジションで撮る写真が多くなりがちです。バリエーション豊かな“構図”を楽しみたいのなら、カメラポジションをいろいろ変えて撮ってみましょう。今まで見たことがない“水の表情”に出会えるはず。川に下りていくまでの道あいなど、川から少し離れた場所にも素晴らしいシャッターポイントがたくさんあります。

サンプル写真

川辺全体を撮ったもの

サンプル写真

真上から撮ったもの

いろいろな水の動きを収めよう

左の写真は通常の立ち位置で撮影した川の流れですが、中央の写真のようにカメラアングルを低くして撮れば、いつもとは“ひと味違う”水の動きをとらえることができます。ここで活躍するのが、ローアングル撮影用のミニ三脚(コンパクトカメラ用のミニ三脚でも代用できます)。たった150cmほどの高さの差ですが、できあがりのイメージに大きな変化が生まれるのです。

サンプル写真

通常の立ち位置で撮ったもの。

サンプル写真

ミニ三脚を立て、体を伏せたローアングルで撮ったもの。

サンプル写真

ミニ三脚を使えば、水面ギリギリまで迫れる。

シャッタースピードの調整で、いろいろな水の表情を写そう

滝から流れ落ちる水も、シャッタースピードを変えるだけで、まったく違った表現をとらえることができます。スローシャッターで水の動きを撮る時は、ISO感度を低く設定して「絞り優先オート」で最小絞りに。また、撮影の時は三脚を使うと良いでしょう。シャッターを押す時に手ぶれを起こさないように「レリーズ」を使うのが有効。ない場合は「セルフタイマー」でも代用できます。ハイスピードシャッターで水の動きを止める時の「ISO感度」は400か800に設定して「絞り優先オート」で絞りを開放にします。水の動きを止めた感じにしたいなら、ハイスピードシャッターで。水のさまざまな表情をとらえられます。 これはという<作品>を創るには、思いどおりの水の表情をとらえるまで、何度もシャッターを切ることが一番の近道です。デジタルなら、失敗も気になりませんね。

サンプル写真

スローシャッター

サンプル写真

ハイスピードシャッター

水の透明感や水中を撮るには?

雲や空の反射があって、水の透明感や水中にいる魚などをキレイに撮影できない時は、「偏光(PL)フィルター」を使います。これは一定方向の光をカットできるフィルターで、水面への写り込みを除去できます。フィルターを装着できない機種でも、レンズの横で肉眼でフィルター効果がある角度を確認してレンズの前に置けば、使うことができます。ひと手間加えることで、断然クオリティーの高い作品になるのです!

サンプル写真

普通に撮ったもの

サンプル写真

偏光フィルターを使ったもの

橋や空の割合など<構図>をいろいろ変えて楽しもう

オートフォーカスのフレームがファインダー中央にあるため撮りたい物がいつも真ん中にきていませんか?フォーカスロックを使って表現力豊かな写真を撮りましょう──「空・岩・川・橋」この4つをどういう構成で撮るかによって写真の印象が大きく変わっていきます。
左の写真ように、“最も目立つ橋”を中央にもっていきがちですが、これだと空のアキが気になりますし、高い橋のイメージが出にくかったりします。中央のように橋を中央よりやや上にもっていくと、落ち着きのあるレイアウトになりますがイマイチ迫力に欠けた感じです。
右の写真では、橋をかなり上にもっていったことで川との対比がクローズアップされ、高い橋や大きな川の流れがいちばん生きた作品に仕上がっています。

サンプル写真

橋を構図の中央に

サンプル写真

橋を中央よりやや上に

サンプル写真

橋を構図の上に

水面に写る樹木や草花の表情もキレイな作品に

自然の風景をそのまま写し出す水面の様子は、幻想的で美しいもの。こうしたリフレクションは、“順光”の時に出現するのですが、谷合の撮影では水面と水上の露出差が大きいことが多いので露出に注意しましょう。
右の画像は、水上と水面の露出差が大きすぎて適正な露出を得られない例です。こういう場合は、左の画像のように露出のバランスの取れないところをトリミングした〈構図〉にすることで、落ち着いた写真になります。

サンプル写真
サンプル写真



  • ページ先頭へ戻る


写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm