写真撮影テクニック

  • 初心者向け基礎講座
  • シーン別撮影
  • 被写体別撮影
  • テクニック別撮影
夜景を撮ってみよう!

夜景を撮ってみよう! 窓越しの夜景を撮る

夜景展望のできる展望台も各地に増えています。
そんな夜景も記念に撮影したいものです。そのときのちょっとした工夫をお教えします。

カメラブレを防ぐ

展望台では多くの人が窓際に立つため、他の人に迷惑になる大きな三脚は禁止されていることがあります。その場合に本格的な三脚を使用しないでカメラブレを軽減させる方法をお教えします。
基本的には「屋外で夜景を撮る」でご紹介した内容と同じです。それ以外の窓越し特有の方法についてお教えします。

カメラをガラス面に軽く押し当てる。

カメラを窓ガラス面に軽く押し当て動かないようにするとともに、セルフタイマーを使用して撮影します。ただし、撮影レンズの筒の部分にはあまり強い力を加えないようにしましょう。

サンプル写真

ミニ三脚を垂直の窓ガラス面に押し付けた

ネックストラップを使う。

これまでも他の単元でご説明させていただいたようにネックストラップをピンと張った状態でセルフタイマーを使用して撮影します。その上にカメラを持った手やひじを固定した台に置くとカメラブレはより低減します。
そのような場所が無い場合は体を柱などの固定した部分に寄りかからせることでもカメラブレは低減します。これらのいずれの場合もセルフタイマーを使用することをお奨めします。

ガラス面の反射を防ぐ

展望台などの窓ガラス越しに夜景を撮影すると室内の照明が窓ガラスに反射し写り込んでしまうことがあります。それを防ぐための撮影方法です。

1.カメラの撮影レンズ前面を窓ガラス面にできるだけ近づける。

カメラの撮影レンズの前面を窓ガラス面にできるだけ近づけることで反射の程度はかなり軽減します。ただ液晶モニターでそのまま再生したのではわからないこともあるので拡大して再生してみましょう。できれば、次項の方法で撮影することをお奨めします。

2.カメラとガラス面の間を光を透しにくい布で囲う。

前項のようにカメラの撮影レンズの前面をできるだけ窓ガラス面に近づけるとともに室内の明かりが撮影レンズ前面のガラスに反射しないように、その周りを黒い布などで覆いましょう。黒い布が無い場合でも遮光できる材質のもので光が反射しないようにすればよいでしょう。
このときセルフタイマー機能とミニ三脚を使うとカメラブレが防げるとともに、遮光用の布も手で確実に配置できます。

サンプル写真

室内の照明が反射

サンプル写真

室内の照明の反射を防止

窓越しで撮影時の写真

単に窓越しに撮影

窓越しで布をかぶせ撮影時の写真

光を透しにくい布を窓ガラスとの間に被せる単に窓越しに撮影




  • ページ先頭へ戻る


写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm