写真撮影テクニック

  • 初心者向け基礎講座
  • シーン別撮影
  • 被写体別撮影
  • テクニック別撮影
赤ちゃん・子どもを撮ってみよう!

赤ちゃん・子どもを撮ってみよう! 自然な表情を撮ろう

自然な表情を撮るにはお子さまにカメラを意識させないようにすることです。
いっしょに遊ぶ人と撮影する人を手分けして最高の笑顔を撮ってあげましょう。

望遠ズームで自然な表情を撮ろう!

お子さまにカメラを意識させずに撮るもっとも手軽な方法は、ズームを使い、離れた位置から撮影することです。

FinePix S9000、S5200などの高倍率ズームを搭載したネオ一眼カメラではより離れた位置から撮影できるだけでなく、背景をキレイにぼかして写すことができ、ふんわりとしたやわらかい写真が写せます。

サンプル写真

FinePix S5200の10×ズームを使い撮影。
自然な笑顔を離れた位置から写せました。

子どもを自由に遊ばせて撮ってみよう!

サンプル写真

お子さまが自由に遊べる環境や雰囲気を作ってあげることで表情やしぐさも豊かになります。

カメラを意識させずに撮るもう一つのコツは、おもちゃやぬいぐるみなどを与え、子どもが夢中になれる他のものを用意してあげることです。ポイントは、いきなりカメラを構えるのではなく、最初は子どもを自由に遊ばせてあげること。徐々に表情がゆるみ、自然な表情を撮りやすくなります。

みんなで手分けして撮ろう!

夫婦や家族が協力して撮るのも有効。たとえばママは子どもといっしょに遊ぶ役、パパはそれをこっそり撮ってあげる役といった具合に役割分担。お互いに協力して撮ることでお子さまの自然な表情を引き出しやすくなります。

サンプル写真

ママがいっしょだと子どもも安心して遊べ、
自然な表情を浮かべやすくなります。

かわいい寝顔をアップで撮ろう!

サンプル写真

かわいい寝顔はノンフラッシュでやさしく。手ブレに注意してアップで撮ってあげましょう。

安らかな表情を浮かべている赤ちゃんの寝顔は絶好のシャッターチャンス。かわいい寝顔もたくさん写してあげましょう。

一度寝てしまえば少しくらい位置を変えても起きることはありません。光がやわらかく当たる位置に移動させて、ノンフラッシュでそっと写してあげましょう。

表情だけでなくいろいろなものを撮っておこう!

赤ちゃんの魅力はかわいい笑顔だけではありません。澄んだ瞳や小さな手足、やわらかい髪の毛、ぷっくりしたカラダ、どれを撮っても愛くるしいものばかりです。さまざまなものに着目して写真を撮ることでよい思い出を残せることでしょう。

サンプル写真

大きさの比較が分かるものをいっしょに写すと赤ちゃんの小ささが伝わる写真になります。




  • ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm