写真撮影テクニック

  • 初心者向け基礎講座
  • シーン別撮影
  • 被写体別撮影
  • テクニック別撮影
赤ちゃん・子どもを撮ってみよう!

赤ちゃん・子どもを撮ってみよう! 赤ちゃん・子どもの撮影は高感度カメラがおすすめ

赤ちゃんや子どもをうまく写せない・・・。
こんな悩みを感じたら、高感度カメラに買い替えてみませんか?

赤ちゃん写真のカメラ設定

赤ちゃん・子どもの撮影には高感度が大活躍!

大切なわが子を写真に撮ったら、みんなピンぼけ写真でがっかり…。でもその失敗写真、本当にピンぼけによる失敗でしょうか?

実は失敗写真の多くは手ブレや被写体ブレによる失敗がほとんど。高感度カメラはブレによる失敗を軽減し、大切な思い出をキレイに残すことができます。お子さまの誕生を機に新しいカメラに買い替えたい。そんな方にピッタリなのが高感度カメラです。

FinePix F30の感度設定解説図

高感度カメラなら手ブレにも被写体ブレにも強い!

サンプル写真

これが被写体ブレ。子どもはもちろん、赤ちゃんも思いのほかじっとはしてくれないものです。

生まれたばかりの赤ちゃんは室内で撮ることがほとんど。そのためどうしても、明るさが足りずに手ブレや被写体ブレによる失敗をしがちです。特に被写体ブレは手ブレ補正カメラでも止めることができません。

高感度カメラは暗い室内でも速いシャッタースピードで撮ることができ、手ブレも被写体ブレもピタリと止めて写すことができます。

高感度カメラならノンフラッシュでやさしく撮れる!

生まれたての新生児にフラッシュの強い光は禁物。赤ちゃんを撮るときはフラッシュをOFFにして撮るのが鉄則です。また、フラッシュの光は人工的で立体感に乏しい写真になりがちです。

高感度カメラなら、明るさの足りない室内でもノンフラッシュで撮影OK!自然光を活かした、やわらかい雰囲気で撮影することが可能です。また、フラッシュの使用が減ることにより、電池を長持ちさせることができます。

サンプル写真

かわいい子どもの寝顔もフラッシュなしで
そっと写してあげることができます。

ノイズの少ない高感度カメラをえらぼう!

サンプル写真
写真拡大 写真拡大

同じシーンをISO1600で撮影してノイズの量を比較。
同じ高感度カメラでも画質の違いは一目瞭然ですね。

赤ちゃんの魅力はつるんとしたキレイなもち肌。赤ちゃん写真は、この肌の色をいかにキレイに撮れるかが重要。高感度をうたったデジタルカメラもずいぶん種類が増えてきましたが、ポイントは「キレイに撮れる」高感度カメラをえらぶことです。

同じ高感度でも、カメラによってはざらざらとしたノイズが出やすいカメラと少ないカメラがあります。店頭のサンプル写真などを参考にしてキレイに撮れる高感度カメラをえらびましょう。

自分にあった高感度カメラをえらぼう!

一口に「高感度カメラ」といってもその種類や性能はさまざま。お使いになりたいシーンを想定して、自分にあったピッタリの一台をさがしましょう。




  • ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm
超高感度×iフラッシュ FinePix F30 高感度×大量撮影 FinePix F11 高感度×スリム FinePix Z3 高感度×全面液晶 FinePix V10 高感度×10倍ズーム FinePix S5200 高感度×ネオ一眼 FinePix S9000