写真撮影テクニック

  • 初心者向け基礎講座
  • シーン別撮影
  • 被写体別撮影
  • テクニック別撮影
三脚を使って撮ってみよう

三脚を使って撮ってみよう 三脚の基本的な使い方と上達ヒント

せっかく三脚を使っても、正しく使えなければいい写真は撮れません。ここでは三脚の正しい使い方を学びましょう。

三脚を立てるチェックポイント

チェック1:脚は太い方から伸ばす

三脚の脚を伸ばすときは必ず、太い方のパイプから伸ばしていきます。逆に縮める時には細い方からパイプを縮めていきます。

解説写真

チェック2:脚はめいっぱい開く

三脚の脚はロックされるまでできるだけいっぱいに広げます。撮影状況にもよりますが、中途半端な開き方はバランスが悪く不安定なのであまりおすすめできません。

解説写真

チェック3:エレベーターをまっすぐ立てる

三脚を立てるときは中央のエレベーターがまっすぐ立つように立てます。この軸が傾いていると重心が不安定になり、転倒の恐れがあるので注意してください。

解説写真

チェック4:エレベーターを伸ばしすぎない

エレベーターを伸ばしすぎるとカメラが不安定になるため、カメラの高さはなるべく脚の長さで調節し、エレベーターを使って微調整するようにしましょう。

解説写真

チェック5:被写体側に1本、手前に2本

三脚の脚は被写体側(レンズの下)に1本向け、手前に2本の脚を広げるのが基本です。ただし、撮影シーンによってはできない場合もあるので、その際は、三脚がぐらつかないようにしっかり重心をチェックしておきましょう。

解説写真

あると便利なアクセサリー

軽量三脚で三脚を安定させるには

ストーンバッグ装着時の写真

邪魔にならないストーンバッグは常に携行しておくと便利。

カーボン三脚やコンパクト三脚など軽量タイプの三脚は、持ち運びしやすい反面、重い三脚より安定感に欠ける欠点があります。こうした三脚をお使いの際は、市販のストーンバッグを使い、石や荷物の重みで安定させるとよいでしょう。ストーンバッグがない場合はビニール袋などでも代用することができます。

レリーズかセルフタイマーを使ってブレを防ぐ

せっかく三脚を使っても、シャッターボタンを押す時にカメラがぶれてしまうことがあります。できるだけゆっくりシャッターを押してあげるか、セルフタイマーを併用して写すようにしましょう。FinePix S9000などネオ一眼カメラではレリーズを使ったシャッター操作が可能です。

レリーズ取り付け時の写真

ネオ一眼や一眼レフカメラではレリーズを取りつけて撮影が可能です。




  • ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm