写真撮影テクニック

  • 初心者向け基礎講座
  • シーン別撮影
  • 被写体別撮影
  • テクニック別撮影
撮影モード

撮影モード 夜景撮影

失敗しない夜景撮影術

ISO感度設定

まず、ストロボOFF、オートモードで1〜2枚撮ってみる。
暗ければ、ファインピックス・フォトモードボタンのISO感度設定で感度を上げる。
但し、上げ過ぎは粒子状のノイズの元!ネオンやライトアップされた建物の雰囲気を見て調整します。

サンプル写真 ISO感度設定前
サンプル写真 ISO感度設定後

ボタン操作ひとつで見違えるよう。

手ぶれを防ぐ。

夜景撮影時はシャッタースピードが遅くなるから、画像がぶれやすい。こういう時は、三脚を使用します。
三脚がなければ、手すりなども利用し、セルフタイマーで撮影!セルフタイマーなら、シャッターを押す瞬間の手ぶれが起こりません。

夜景+人物の撮影

ストロボのモードをスローシンクロ設定にするだけ。
シャッタースピードを遅くして夜景を写しつつ、ストロボで手前の人物もきっちり写すことができる。
スローシンクロは、活用度大! 例えば、花火の時やお誕生会のローソクを吹き消すシーンにも使えます。

ストロボのモードをスローシンクロ設定図
サンプル写真 スローシンクロ設定前
サンプル写真 スローシンクロ設定後



  • ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm