写真撮影テクニック

  • 初心者向け基礎講座
  • シーン別撮影
  • 被写体別撮影
  • テクニック別撮影
マニュアル撮影に挑戦

マニュアル撮影に挑戦 シーンポジション

撮影モード

ナチュラルフォトモードのアイコン

「ナチュラルフォトモード」

暗い場面でも、目で見たままの自然な雰囲気を残した写真が写せます。
フラッシュは発光禁止になり、自動的に高感度になります。
レストランでの食事風景、フラッシュ禁止の場所での撮影に有効です。

サンプル写真
ポートレートモードのアイコン

「人物(ポートレート)モード」

人物撮影(ややアップ気味の)撮影に適しています。
絞りをやや開き気味にすることで、背景をボカすように設定されており、やわらかい感じに仕上がります。

サンプル写真
風景モードのアイコン

「風景モード」

遠くの風景などをクッキリ写したいときに適しています。
ピントを遠くに合わせる設定ですので、ガラス越しの風景などもきれいに写せます。

サンプル写真
スポーツモードのアイコン

「スポーツモード」

動きのある被写体を写すときに使いましょう。
運動会や、よく動くペットの撮影などに適しています。
シャッタースピードを早くする設定になり、手ブレを防ぐ効果もあります。

サンプル写真
サンプル写真
夜景モードのアイコン

「夜景モード」

文字どおり、夜景を写したり、暗い場所での撮影、花火の撮影などに適しています。
夜景と人物を一緒に写すときには「スローシンクロ」というフラッシュを発光させるモードと組み合わせると、背景も人物もきれいに写すことができます。
ただし最高で3秒のスローシャッターになりますので、三脚の使用は必須となります。

サンプル写真
サンプル写真
ブレ軽減モードのアイコン

「ブレ軽減モード」:(最近の機種についています)

シャッタースピードをできるだけ早く(500分の1秒まで)することで、
ブレを軽減します(手ブレ補正とは違いますので注意)。
感度を高く設定するようにしています。




  • ページ先頭へ戻る
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm