写真のことば

フィルムカメラという道具は目の前の景色や感情をシャッター一つでのこしてくれます。わたしたちは、この“フィルムカメラでのこしていく”という行為について今一度、実直に考えてみようと思います。「写真のことば」は、全国の写真屋さんを中心に配布中のフリーペーパーです。フィルムカメラの良さを伝えて行くことを使命に、写真について改めて考え、そして言葉を重ねていこうと思います。そんな「写真のことば」のweb版として本誌のほぼ全文が読めるほか、様々なイベントの情報などをアップしていきます。
FUJIFILM × Re:S オリジナル写ルンです

フィルムカメラの良さを伝えるべく創刊した「写真のことば」。2号目の特集は「写ルンです」です。
1986年に発売された「写ルンです」は、当時の時代の空気に見事にマッチし、空前のヒット商品となりました。日本人で「写ルンです」という商品を知らない人はいないんじゃないか? そんな国民的人気を誇る「写ルンです」も、デジタルカメラが普及するなかで、少しずつ使ったことのない世代が生まれはじめています。

そしてその一方で、これまでとは違った「写ルンです」の価値観が生まれつつあるのも確かです。ぼくたちはこの号をもって、この時代にあえて「写ルンです」を使う意味について、提案してみようと思います。この号を読み終えて、なるほど「写ルンです」を使ってみよう。そう思って貰えたら幸福です。

「いつでも、どこでも、誰でも、手軽に撮れる」。これが写ルンですの開発にあたってのコンセプトでした。「これでほんとに写るの?」「ええ、もちろん。ちゃんと写るんです」。

そんなわかりやすいお手軽さの前に隠れていますが、写ルンですのリサイクルシステムはとても画期的。その後に出てきた様々なエコ商品と比べても、まるで遜色のない優秀なものなんです。

リサイクル商品といえば、使い終わって廃棄されたもの、すなわちゴミを回収してリサイクルするものがほとんど。

ところが、写ルンですの場合、回収=現像にあたるため、消費者もメーカーも無理なく自然にリサイクルの輪に入ることができます。そして、回収された商品は徹底してリサイクル、リユース、リデュース。そのため、たとえば異物となるビスや接着剤は一切使わない設計になっていたり、プラスチック原料をなるだけ減らすためにボディをコンパクト化するなど、商品設計の段階からもう一度使うことを最優先に考えられています。

その結果、今や重量の95パーセントが再資源化されるという超優等生商品になりました。

写ルンですを日本一使っている人

箭内道彦 さん

タワーレコードの「NO MUSIC,NO LIFE.」シリーズを始めとした数々の広告をプロデュースする傍ら、NHKの人気番組「トップランナー」では司会を務め、・・・

続きはこちら>>>


写ルンですが必要な人

石川直樹 さん

写真家であり、探検家である石川直樹さん。七大陸最高峰登頂の世界最年少記録を塗り替えたり、北極から南極までを人力で踏破する・・・・

続きはこちら>>>



写ルンですで伝える人

庄司博彦 さん

写ルンですだからこそ
伝えられることがある。

続きはこちら>>>


写ルンですを売る人

井上直好 さん

大阪市大正区。区民の4分の1が沖縄出身者という独特な雰囲気をもつその町に・・・・

続きはこちら>>>



写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm