フィルムカメラLife「フィルムで撮ろう!」

ご注意  このコンテンツに使用している製品は、発売より時間が経過しているため、生産終了している場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • KLASSE
  • GF670
  • フィルムについて

KLASSE で撮ってみよう

カメラにおまかせ。フルオート。

メインダイヤルを"P"に合わせれば、あとはシャッターを押すだけ。ピント合わせも不要。暗い場所ではフラッシュも自動で光ります。AFフレームに被写体を合わせます。あとは、ファインダー内の情報を確認しながらシャッターを押すだけです。

カメラにおまかせ。フルオート。

絞りを選んで自分らしく。絞り優先AE。

絞りは自分で選んで、シャッタースピードはカメラの自動設定におまかせするモード。絞りを選ぶことで背景をボカしたり、自分らしい絵づくりが楽しめます。メインダイヤルを回して絞りを設定します。シャッターボタンを半押しして、ピントが合っているか、フラッシュが光るかどうかなど撮影情報を確認してシャッターを押します。

絞りを選んで自分らしく。絞り優先AE。のイメージ写真

たとえば、煩雑なバックからケーキを浮き立たせたいとき、絞りを小さい数値にすれば、バックをボカすことができます。

絞り優先AEの解説図

ピントの位置を自分で決める。AFロック。

ピントを合わせたい被写体を、ちょっと画面の中央からズラして撮ったり。オシャレな構図づくりにはオートフォーカスロックを使いましょう。ピントを合わせたい被写体をAFフレームに合わせます。シャッターボタンを半押ししたままにします。または、AFLボタンを1秒以上押してもピント位置を固定できます。そのままカメラを動かして構図を決めて、さらにシャッターを押し込みます。

ピントの位置を自分で決める。AFロック。のイメージ写真

透明感や色の濃さを自分で決める。露出補正。

KLASSEの前面についている露出補正ダイヤルで、手軽に露出補正ができます。リバーサルフィルムでは特に活躍しそうです。 露出補正ダイヤルを回して、露出をプラスするか、マイナスするかを設定します。0.5ステップで、±2.0EVまで補正できます。液晶パネルかファインダーで露出補正の表示を確認してシャッターを押します。

透明感や色の濃さを自分で決める。露出補正。のイメージ写真

たとえば、人形とバックの明るさの差がはげしいとき、+補正で人形がまっ黒になってしまうのを防げます。

露出補正の解説図

  • フィルムを入れてみよう
  • KLASSEで撮ってみよう
  • KLASSEのある生活 〜Life with KLASSE〜
  • KLASSEのQ&A
  • 写真家が語るKLASSE
  • KLASSEを体験してみよう!エリア検索

ご購入ページへ フジフイルムモールへ

レッスン情報 フォトエントランススクール

おすすめリンク
KLASSE製品ページ
ハッピーママ家族アルバム応援ページ
写真のことば
ノンフラッシュの臨場感 NATURA CLASSICA

KLASSE Photo Session 「Small but Wonderful」

写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm