フィルムカメラLife「フィルムで撮ろう!」

ご注意  このコンテンツに使用している製品は、発売より時間が経過しているため、生産終了している場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • KLASSE
  • GF670
  • フィルムについて

フィルムを入れてみよう

撮影のモチベーションを高めてくれるこの一手間。

フィルムは、パトローネ(フィルムの容器)に、
DXマークがある135 フィルムを使います。
フィルムの感度はISO25から3200までが使えます。

  • step1

    step1解説図

    (1)フィルム確認窓で中にフィルムが入っていないことを確認したら、裏ぶたを開けます。

  • step2

    step2解説図

    (2)図のようにフィルムを入れ、フィルムの先端を「FILM TIP」マークまで引き出し、スプールの上に乗せます。

  • step3

    step3解説図

    (3)裏ぶたを閉めると、カメラが自動でフィルムを巻き上げ1コマ目で止まります。フィルムカウンターの表示を確認。さあ撮影準備OKです!

フィルムを取り出すときは

  • step1

    step1解説図

    (1)フィルムの最後の1コマを撮り終えると、フィルムが自動的に巻き戻され、巻き戻しが完了すると“E”が表示されます。

  • step2

    step2解説図

    (2)つまみを動かして裏ぶたを開け、フィルムを取り出します。

  • step3

    step3解説図

    (3)大切にケースに入れて写真店へ。現像やプリントが待っています。

フィルムを光にあてると撮影した像が消えてしまいます。1本のフィルムを最後まで撮りきる前に取り出すときは、必ず巻き戻し、"E"表示を確認してから取り出しましょう。

  • フィルムを入れてみよう
  • KLASSEで撮ってみよう
  • KLASSEのある生活 〜Life with KLASSE〜
  • KLASSEのQ&A
  • 写真家が語るKLASSE
  • KLASSEを体験してみよう!エリア検索

ご購入ページへ フジフイルムモールへ

レッスン情報 フォトエントランススクール

おすすめリンク
KLASSE製品ページ
ハッピーママ家族アルバム応援ページ
写真のことば
ノンフラッシュの臨場感 NATURA CLASSICA

KLASSE Photo Session 「Small but Wonderful」

写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm