フィルムカメラLife「フィルムで撮ろう!」

ご注意  このコンテンツに使用している製品は、発売より時間が経過しているため、生産終了している場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • KLASSE
  • GF670
  • フィルムについて

写真家が語る、GF670の魅力

  • 相原正明 Masaaki Aihara
  • 橋本健次 Kenji Hashimoto
  • 秦達夫 Hata Tatsuo
  • 阿部秀之 Hideyuki Aihara
  • 当真嗣徳 Shitoku Toma
  • GF670を語る
  • GF670Wを語る
  • プロフィール

GF670の写真

相原正明&GF670

光と影の織り成すドラマに感激できます

最近写真を楽しむよりもパソコンの前でRAW現像ソフトと格闘している時間が長いな〜、写真撮るのがつらいなー、カメラが難しくていやだな〜、なんて思っていませんか。もしくは機材が膨れてレンズの選択に迷いすぎて結局全部持って行ったら重くて歩けなかった〜〜なんて経験ありませんか。写真は本来楽しんで撮るものだと思います。そしてテクニックではなく心で撮るもの。写真ではなく写心だと僕は思います。

GF670の写真

プロカメラマンでもこの時代いろいろ迷います。そんなときに出会ったカメラではなくまさに写真機、それがGF670です。とてもシンプルです1秒に1駒も撮れません。その代わりフレームに集中できます。光と影の織り成すドラマに感激できます。僕もこのカメラで高校生のころの写心少年に戻れました。

そのコンパクトと静寂性は下町の路地裏で撮影がとても楽です。これにネガカラープロ400を入れれば気持ちは「写るんですよ6×6」になります(笑)今まで緊張した中判カメラが日常の視点で撮れます。とくに僕は6×6が好きです。モチーフと正面から向き会いしっかりと画面の中心に持ってきてガチンコ撮影にうってつけです。そして大きな風景を画面の隅までしっかり撮りたいときに6×7にしています。今は日本の日常の風景が撮りたいのでバイクに乗って日本中旅しています。コンパクトなのでツーリングバックにも入るのでバイク旅では不可能と思われた中判の撮影が出来る涙物です。

また旅先の素敵な笑顔の人に「写真とらせてください!」とお願いしてこのGF670を出して、蛇腹をのばすと「え〜なにこのカメラ面白い!え?昔のカメラじゃないの?新品?レンズは人工衛星「かぐや」にも使っているFUJINONレンズ!ふ〜ん、すごいんだ」とカメラで話題が広がりとてもいいコミュニケーションがとれていいポートレイトが撮れるのがGF670です。今は僕の大事な旅の隠し味です。ぜひGF670で旅とスナップお楽しみ下さい。光を見るのが楽しくなりますよ!!

相原さんのホームページへ

  • ロールフィルムを入れてみよう
  • GF670で撮ってみよう
  • もっと詳しくGF670/GF670Wのすべて
  • GF670のQ&A
  • 写真家が語るGF670
  • GF670を体験してみよう!エリア検索!

ご購入ページへフジフイルムモールへ

おすすめリンク
GF670製品ページ
シフソソ、ホ、ウ、ネ、ミ
NATURA
写真と趣味のwebマガジン MACARONI Ammonite
大判カメラの全て
写真コンテスト | 撮影テクニック・レッスン | フォトライフ情報 | 撮影スポット | プリントサービスの紹介 | プリントキャンペーン |
ネットプリント、フォトブックはフジフイルムの写真総合サイト「フォトノマ(Fotonoma)」!

  • サイトのご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright©Fujifilm Corporation. All rights reserved.Fujifilm